江戸川病院高砂分院は60年に及ぶ高齢者医療の歴史に支えられ、その経験を踏まえて、最高の「みんなのしあわせ」とは何かを日々追求しながら医療を行なっています。

 人生の最終章が美しく輝いていただくために私たち全職員は協力し合って、それぞれの職務を遂行いたします。

 医師はご本人やご家族に治療方針をご説明し、お選び頂けるよう務めます。

 看護師は療養のご生活が快適で、治療が滞りなく進み安堵して頂けますように清潔・安心・安全に務めます。

 薬剤師は正しい調剤と服薬の説明に務め、栄養士は楽しいお食事を目指して、栄養のバランスと調理の工夫に務めます。検査部も事務部の職員も皆笑顔で明るい職場を目指します。

 そしてリハビリテーションスタッフは「眠っている機能の活用でいつまでもその人らしく暮らす」をめざしてあらゆる工夫に務めます。

 お一人おひとりの特性を熟知し、その尊厳を守りぬくため、私たちは研究会をもち、医療の知識と技術の研鑽につとめてまいります。



名誉院長 青井 禮子