@手足の筋肉がつっぱる「痙縮」とは?



脳卒中、頭部外傷、脊髄損傷等が原因で生じる障害の1つに痙縮(けいしゅく)という 症状があります。
痙縮とは筋肉が緊張しすぎて手足がつっぱり、動かしにくくなってしまう状態のことをいいます。
手足の指が曲がったまま伸びない、肘が曲がる、足がつっぱって歩きにくい等の症状がみられます。
そのままにしておくと筋肉や関節が、よりいっそう硬くなってしまう事があります。


 




             




A痙縮に対するボトックス治療とは?



痙縮に対する治療の1つにボトックス治療があります。
ボツリヌス菌が作り出すたんぱく質(ボツリヌストキシン)を有効成分とする薬を、痙縮のある筋肉内に注射をする治療法で、筋肉の緊張をやわらげる効果が期待されます。






Bボトックス治療による効果



手足の筋肉のつっぱりでこんな症状はありませんか?
・手指が握ったまま開きにくい
・脇が開きにくい、肘が曲がってしまい着替えが大変
・まひしている手足を無理して伸ばそうとするとつっぱって痛む
・歩く時、足の指が曲がってしまい痛む
・足がつっぱって歩きにくい
・足がねじれて靴や装具が入りづらい
→原因は痙縮かもしれません

このような症状を引き起こしている痙縮に対してボトックス治療を行うことによって下記のような効果が期待できます。
・手指が動かしやすくなる
・着替えやすくなる
・痙縮による痛みをやわらげる
・歩きやすくなる
・介護の負担が軽減
・靴が脱着しやすくなる








C治療のすすめ方



1:リハビリテーション科医師による診察
医師が症状をみて、ボトックス治療の適応の可否を判断させて頂きます

2:ボトックス治療の日程の決定
ボトックス治療の適応と医師が判断したら、治療内容の説明を行い、同意を確認させて頂きます。
治療の日程を決めます。

3:治療当日
ボトックス治療実施
(必要に応じて自主トレーニングの指導を医師から提示されることもあります)
経過を見るために、次回の医師の診察予定日を決めさせて頂きます

4:医師による再診察
医師による診察で経過をみて、2回目の治療の必要性を決定します。
※通常3〜4ヶ月で効果は徐々に消えていきます。
治療を止めると痙縮は元の状態になります

5:2回目のボトックス治療実施
以降は経過観察と治療を繰り返します
ただし、治療の間隔や実施回数は個人差があります。医師の診察のうえ、ご相談してください。  








*ボトックス外来治療を希望の方*



リハビリテーション科医師の診察が必要です
電話での診察の予約をお願いします
初診当日は治療できませんのであらかじめご了承ください
予約受付時間 13:00〜16:00
外来受付:03−3607−4060(代表)