当院での作業療法



 様々な疾患や、諸機能が低下した方々に対して、その人らしくより良い生活をしていくために、その人に合った作業活動等を用いて訓練を行います。

??作業活動とは??
→日常生活動作、仕事・趣味などの人間の生活全般にかかわる諸活動を指します






              OT室




手足の運動



手足の麻痺や外傷に対して筋力増強や手先の細やかな動き・関節を動かす練習等を行います。








日常生活動作の練習



寝返りや起き上がり・食事・着替え・排泄などの日常行う動作を再獲得するための練習を行います。
必要に応じて、調理等の家事動作の練習も行います。









利き手交換の練習



利き手に障害を持つ方々に、障害が無い側の手で色々な事が出来るようになるように、練習を行います。 写真は左手で箸の練習をしているところです。









精神賦活に対する作業の導入



病気等で意欲が無くなると、日常の活動性が低くなり、寝たきりに陥いります。
寝たきりは心身共に衰えを作ります。
これらを防ぐ為にも手芸等の作業を取り入れて楽しく行うことにより活動性を上げます。









自助具の考案・作成及び使用練習



麻痺などで行えない動作がある場合、それを助けるための道具を、必要に応じて検討したり作成します。又、その使い方の練習も行います。

写真は麻痺により右手でタオルが持てないのを補うため、タオルの一端にループをつけ、そこに右手を通し安定させて、左手の動きで背中を洗う練習をしている場面です。









介助方法等の助言



退院に向けてその人に合った介助方法や、福祉用具の紹介、住宅改修への助言等を、ご家族やケアマネージャー等に理学療法士と共に行います。