理学療法について



  身体機能の改善を図り、日常生活に必要な<起き上がる・座る・立ち上がる・歩く>といった基本動作の回復を目指します。

 また、時間の経過に伴い、行いにくくなった動作に対しては・・・
@ 維持を目的とした練習:評価をし、可能な範囲での改善をまず行ってから
A 新しい方法の獲得:方法を変えることで可能になったり、楽にできることもあります
B 生活しやすい環境づくり :家具の配置や種類など、生活環境を整えることも重要です(=動きやすい)などのアドバイスも行います。

<動作ができること>それ自体が目標ではなく、<どんな生活を送るか>できる限りの可能性を引き出し、ご本人様のご希望に添える様、お手伝いしたいと考えています。






              PT室




運動療法



 生活に必要な動作について、現在の状態を評価させていただきます。
その上で個々の症状に合わせて麻痺の回復・関節可動域・筋力や体力・バランス能力などに対してプログラムを組立てて練習を行っていきます。
 それにより身体機能の改善や維持、または残存機能による代償方法の獲得も視野に入れ、日常生活に必要な基本動作の回復を図ります。
 まずは基本動作の練習が中心になりますがその他にも運動療法の一環として、・車椅子駆動 ・階段昇降 ・屋外歩行 ・装具の着脱 なども行っていきます。





写真(上)歩行介助   
写真(下)関節可動域訓練





物理療法



 物理療法は様々な機器を用いて行うものです。
 温熱療法・電気療法・牽引療法などにより、循環や痛みの改善を図ります。
 またそのことにより、運動療法の効率を良くするといった目的もあります。

 具体的には
 ・ホットパック ・マイクロウェーブ ・中周波 ・頚椎及び腰椎牽引の機器が揃っています。






マイクロウェーブ




補装具について



 当院では主に以下のような内容を行っています。
@ 麻痺の方に対しての下肢装具作製
A 腰痛疾患の方に対してのコルセット作製
B 下肢各関節の痛みに対してのサポーターなどの検討
また修理や調整などにも応じています。(木曜日・義肢装具士と共に)

 補装具は「取り外しが面倒」「つけているとやりにくくなる動作がある」といった方も多いのも事実です。確かにその様な見方もありますが、付けることによって痛みが取れる・動作が安全に行えるようになるなどのメリットも沢山あります。

各種装具

※ 装具作製に関しては医師の証明が必要な場合が多くあります。
   まずはリハビリテーション科医師の診察(要予約)をお願いしております。
   外来の方は外来スケジュールをご覧下さい。
   入院の方は随時検討していきます。






              各種装具




補助具(車椅子・杖など)について



 歩行を行う方に適した杖や歩行器のアドバイスを致します。
また車椅子も様々なタイプがありますので必要に応じて検討しております。
 この他にも生活を助ける<福祉用具>と呼ばれるものには沢山の種類がありますがちょっとした工夫や選び方で使い勝手や使い心地が変わります。
例えば車椅子の大きさやクッションひとつで姿勢が崩れにくく、長く座っていられたり、こぎやすくなるなど。
 「何を選べばいいのかわからない」といった方はご相談ください。






介助方法などの指導について



 退院に向けて、ご家族様へ介助方法の指導や生活上の注意点の助言を行います。
 また、外泊や退院に際しての調整(介助法・必要な福祉用具や補助具の選定・環境整備のアドバイスなど)も作業療法士と共に検討します。